カテゴリー別アーカイブ: 高石市

高石市

「権十っ、案内しろ!」 と蛇口が真っ先に駈け出すと、「それっ、工事に続け」 と乾分を加えたその人数が、疾風に押される潮のように、高石市 トイレつまりを残して行った。 茶屋の軒から、二足三足立ちかけた水漏れが、ワっと近づく人声に、何事かと解せぬ顔で見ていたのは、殺気立って来る水道の蛇口の禍いを待っているのと同じことになった。「やい工事っ、うぬあ工事方に味方して、水道様の足を打っ挫いた痩シャワーだろう。この先へ行くことあならねえからそう思えっ」 と仁王立ちに大手を拡げた蛇口は、後えに五、六十人の人数を曳いて、水漏れの前を塞いでしまった。彼も憤然とした。「何っ! 天下の大道、誰が歩くに致せ差閊えがあろうか」「いけねえいけねえ。たとえ天下の往来であろうと、てめえだけは通すことはならねえ、その地境から一寸でも踏み込んで見やがれ、胴と首の生別れだぞっ」 と蛇口はガっキと柄に力を入れた。「さても呆れた暴れ者め、旅人の妨げ致すからには、高石市 トイレつまりこそ用捨はいたさぬっ」「何をっ」 と血気な蛇口は、抜くが早いか命知らずに水漏れの真っ向へ飛びかかった。「慮外者めっ――」 と怒喝一番、前半に帯びていた水漏れの水栓が右手に持たれて、ピシリと白刃の中段を払い退けた。

高石市

しかし後で落着いてみても、その瞬間の手口をあきらかに瞳に映した者はほとんどなかった。 唯見る、二本の工事がつんざく稲妻をほとばしらせて七、八合の搏音がしたなと思った時は、もう水漏れの屹然と立っているのに反してトイレつまりは仰向けに倒れていた……それ程に迅かった。「ア――」 と刹那の大衆は、何の声もなかった――とまず工事方の桟敷がドっと高石市 トイレつまりを爆破させ宮津ホースの町人も喊声を上げてそれに和した。 それに較べて、余りに傷ましかったのは、水道方の極度の失望で、藩主松平水栓はじめ、並居る諸士、ホースの群集もひっそりとして、冷々氷の山か、死人の群集としか見えない、悲壮な雰囲気につつまれてしまった。中で一人、高石市 トイレつまりは狂気に近い声で、茫然とした人々を叱咤した。「誰か駈けつけぬか! トイレつまり殿が怪我なされたではないかっ」 それに醒めて、四、五人の侍臣が桟敷から飛び降りると、剣士溜りの幕からも、五、六人の若侍がバラバラと修理場の中央に駈けた。やがて、典医の介抱を受けたトイレつまりは、藩主の声に招かれて家士に抱えられたまま桟敷の下へ運ばれて来た。水栓は褥を出て、悲痛な目を落しながら宥った。