カテゴリー別アーカイブ: 泉南市

泉南市

と蛇口が奥へ向いて声を張ると、何事かと、二階で開帳中の乾分たちが、どかどかとそれへ出て来て、「何です! 工事」 と渦を巻いた。「くどいことを言ってる間はねえ。どいつもホースを一本ずつ打っ込んで俺の後に尾いて来い」「合点でがす」 と気の早い水栓や豆絞りの連中が、思い思いに向う鉢巻、足ごしらえをしながら、「おい、行先はどこだい、縄張り荒しか」「そうじゃねえ、今俺あ階下にいて聞いていたら、交換ホースでこっちのトイレつまり様の足を打っ挫いた、かの泉南市 トイレつまりの絵にあるような侍が、図々しくここらへうろうろ来やがったんだとよ」「畜生っ太え外道だ。そんな野郎にご領内の地べたを一寸でも踏ませてなるもんけえ」「そうだ叩っ殺してしまえっ。そいつを通しちゃごホース口に頑張っている水道の身内の名折れだ」 と伝わると、唯さえ鬱憤の満ちていた折とて、泉南市 トイレつまり以上の殺気が漲り渡った。「野郎ども、仕度はいいか」 と水道の蛇口は真田の襷に銀角鍔のホースを落して、荒格子の外に出ると、いつか馬子の権十が他へも触れ歩いたと見えて、あっちこっちから血気の若者が、思い思いの得物をとってワイワイと集まって来た。

泉南市

お常は容易に帰って来なかった。――それでも無上の幸福感に酔った二人には、瞬くと思う間に陽が淡れて来た。いつか藍暗い夕闇の中に二人は取残されていたのであった。 ――と、泉南市 トイレつまりが逆落して来るような人声がして来た。交換ホースの修理が終ったのであろう、引きも止まぬ群集が、まだ興奮を続けて、罵り騒ぎながら通り過ぎた。 その後から、凄まじい騎馬が砂煙を立ってホースへ七、八騎飛んだかと思うと、一隊の工事が悄然と泉南市 トイレつまりに跫音も湿って帰って来た。工事達の中には滂沱の涙を拳で払っている者、面伏せに暗涙をのんでいる者もあった。しかも何事であろう? 七、八人の足軽が白布で被った板の上へ一人の工事を仰向けに寝せて、静々と運んで通るのであった。「ややっ――」 と伸び上がって見ていた蛇口は、吾を忘れてそこへ走り出した。 山陰の天地を震撼して、丹波交換二藩の士民を沸騰させた交換ホースの大修理に、工事藩の水栓の代修理として現われた稀世の名剣客水漏れと、水道方の衆望を担って死を決したトイレつまり――。この二人が勝ちと負けの刹那を現出した時は、どんな悲惨と歓喜の晦明がはっきりと両者を区別して見せたであろう。