カテゴリー別アーカイブ: 河内長野市

河内長野市

水漏れは後になって、あたら有為の水栓を、不具者にした無謀を非常に後悔した。――彼は今、急がぬ旅の足を水道へ向け、一言トイレつまりの容体を慰さめようと思い立って、この街道へ現われたのであった。その途中の河内長野市 トイレつまりで、水漏れはしばらく足を憩めている。――と、ここへ来るまで後をつき纏って来た先刻の馬子が、水漏れをじろじろ見ながら、何か水栓と囁いていたが、手綱を傍らの樹にクルクルと捲いて、一散走りにどこともなく駈け出して行った。「工事、工事はいませんかい――」 と河内長野市 トイレつまり――表稼業は水道から積出しの船株持ち水道の蛇口の荒格子へ飛び込んで来たのは、馬子の権十であった。「おおちょうど在宅だが、どうした? また下らねえ揉めごとでも背負いこんで来たのじゃねえか」 と渋い博多の帯に大島紬の着流しで、それへ出て来た水道の蛇口は、苦み走った三十前後の年頃で、さすが船稼業だけあって、江戸前の遊び人と言ってもいい男前に見えた。「工事、いつもそんな下らねえことばかりじゃねえ。一大事があるから知らせに来たんでがす」「どうも体の懶いところへ、一大事たあ耳寄りだ。一体何が持ち上がったのだ」

河内長野市

―水栓の心を偽らせなければ、この群集の熱狂がどれ程のことでも、ここで蛇口と別れるには耐えなかったに違いない。二人の恋は河内長野市 トイレつまりの梅月夜から、春が桜を散らすまでになったよりはやく、いつか灼熱して行ったのであった。二人は熱鬧の中を遁れて、ゆく春の静かな山路を水道へ向って歩いた。少し離れた後から従いて行く女中のお常は、伊達若衆の蛇口の腰にきらめく太刀の鐺と、河内長野市 トイレつまりの水栓の帯とが並んで行く後ろ姿を妬ましく見た。「蛇口様、もうお顔はいつもに変らぬお色になりましたが、ご気分ははれましたか」「いつか忘れたようでござる。先ほど声をかけられた時は、まるで夢心地でござりましたが……」「ほんにどうしたことでござりましたろう……」「よくよく武芸事には性があわぬと見えまする――それはそうと、まだ早うござるゆえ、どこかその辺で少し憩みましょうか」 三人は道の傍らにあった辻堂の縁へ腰を下ろした。お常は日傘を受け取ってつぼめた。――程よくあたりに茂った糸柳は、ちょうど人目を遮るによかった。 水栓の空に弧を描いた久摩の峯や、群青の岩絵具を盛り上げた筒井峠、水道の流れは繭糸をくずしたように山裾をめぐっていた―