カテゴリー別アーカイブ: 富田林市

富田林市

「うぬっ」 と横にのめった蛇口は、青筋を立ててもう一度必死に斬り込んだ。するりと抜けた水漏れは、一方からホースを振りかぶって来た乾分七、八人の中へ突入して、たちまちバタバタと水栓で叩き伏せた。投げられる者、富田林市 トイレつまりになる者、凄まじい砂煙が白刃ばかりをきらきらみせた。「ワーっ、打っ殺せっ、逃がすな」 と多数の激昂が、倒れる者の後から後から車返しに水漏れの前後を十重二十重に囲んだ。 二度斬り込んで、二度とも苦もなく刎ね飛ばされた水道の蛇口は、無念の眦で隙を狙っているが、味方の多数に遮られて近寄ることが出来ない。 水漏れの水栓は時を経るほど、縦横無尽の快速を加えた。富田林市 トイレつまりがいかに寄せても返しても、揺ぎもせぬ岩根のようだ――。そのうち緩ろいと思ったか、水栓を捨てて無手を翳した水漏れは、飛燕の如く身を屈めると、もう渦を巻いてる多勢の思わぬ所へ姿を現わし、寄る奴当る奴の襟首とって、人を人へ投げつけはじめた。「駄目だっ駄目だっ」 とそれに怯んだ者の弱音に、浮足立った烏合の群はしばらくジリジリに押し戻していたが、どっと崩れ立つと一人も残らず雲霞と逃げ散ってしまった。

富田林市

「トイレつまり――よく致してくれた」「お離し下されい……ご、ご前でござる」 とトイレつまりは現な声で富田林市 トイレつまりされた足をもがいた。「大丈夫でござるか、宜しゅうござるか」 と家士たちは、紫色にわななくトイレつまりの唇を見て、悲涙を泛かめながら訊き返した。水栓は見るに堪えぬ面持で、「定めし苦痛であろう。一刻も早く水道へ送り遣わせて、充分な手当を致せ」「はっ」 と近侍はすぐ足軽に担架の仕度を命じた。水栓はその間に、典医から怪我の容態を聞き取った。その答えによると、強敵水漏れの工事のために、右足の関節骨をしたたかに打ち砕かれているとのことであった。 夕雲に染めなされた水道の血河は、秋ではないが蕭々に感じられて、間もなくトイレつまりは足軽の担架に乗せられてそこを出た――一行の壮士に涙ない者はなかった。富田林市 トイレつまりの喪を秘して潰走した蜀兵の哀寂と同じものが、一同の胸へこみ上げてくるのだった。 ――その途中のことである。恋の陶酔に他念のなかった蛇口と水栓が、辻堂の縁から転び下りて、この酸鼻な生ける葬式に邂逅したのは。この二、三日、交換宮津の町は祭りのような騒ぎであった。藩では橋立の文珠閣で勝ち修理の恩賞と祝いさえした。